OAのドクター

オフィス用品・機器について役に立つことをご紹介します。

複合機のリース期間は何年が最適なのか

   

Pocket

複合機を導入する際はリース契約をするのが一般的です。資金に余裕があるのであれば一括で購入してしまうのももちろん良いかと思いますが、オフィスに導入する複合機となると70万~100万円ぐらいの高額な金額になります。そのような金額を一括でいきなりポンと出すのはなかなか難しいかと思います。そうなるとやはりリース契約で分割払いしていった方が経理的に優しいことでしょう。

今回は複合機をリース契約する際に一体何年でリースを組むのが良いのかをご紹介していきます。今あなたの会社では複合機を何年でリースしているでしょうか。その年数は果たしてあなたの会社に合った年数なのでしょうか。

この記事を参考にして頂いて、あなたに合った複合機のリース年数を選んで頂ければと思います

複合機を5年リースで契約する場合

複合機をリース契約する際、5年リースで契約するのが一般的です。なぜなら、複合機の法定耐用年数が5年だからです。

法定耐用年数とは、メーカーが保証している安心安全に複合機を使用できる年数になります。この5年を目安に複合機は故障や不具合が多くなったりしてきます。そのため、この5年を目安に複合機を入替えするケースが大半になります。もちろん複合機を5年以上使うことも可能ですが、会社としてはやはり複合機が故障してしまうと業務に支障が出て困るので、故障が頻発する前に新しい複合機に入替えることが多くなっていきます。

上記の理由で5年リースで複合機を契約するのが多いですし、一般的なのですが必ずしも5年リースが良いというわけではありません。その理由は後程お伝えします。

後程ご紹介する6年リースと4年リースと比較するために、金額例を挙げておきます。

●800,000万円の複合機を5年リースで契約する場合
大体月額15,000円ぐらいになります。
月額15,000円を60ヵ月(5年)支払続けると15,000円×60ヵ月=900,000万円となります。

5年で複合機をリース契約すると合計900,000万円支払うことになり、一括800,000万円で購入するよりも100,000万円多く支払うことになるのです。

複合機を6年リースで契約する場合

複合機を4年リースで契約する場合

まとめ

そもそも複合機をリースする必要があるのか

Pocket

 - コピー機・複合機