OAのドクター

オフィス用品・機器について役に立つことをご紹介します。

世界の果てまでイッテQ!宮川さん5色の川を見に行く 森山さんはヘラジカと2ショット

   

Pocket

新企画「宮川探検隊」。

副題は「見たらわかるすっごいやつやん」。

itte_20140914

カレンダープロジェクトの7月を担当します。

コロンビア 五色の川

1日目

行先はコロンビア。

ジャングルを3日間かけて探検します。

寝るところはテント、食べ物もジャングルで探します。

飛行機で移動しようとすると、行先が大雨で飛べず。

いきなり空港で3時間待ちとなってしまいました。

ラ・マカレナに到着。

ここで案内人と合流します。

しかし到着が遅くなってしまい、出発は明日になってしまいます。

村のホテルに泊まろうとしますが、宮川さんはもう探検は始まっているとテント泊を提案します。

しかししばらくしてやっぱホテルにしようとなりました。

2日目

夜が明けて川をボートで渡ります。

ツメバケイという鳥を見つけます。

2015060112060680a

他にもリスザルなどさまざまな動物たちに出会います。

shutterstock_58875131

しばらくしてボートから降り、食糧を確保することに。

そのため川を徒歩で渡ります。

その川はピラニア、ワニもいる川。

びくびくしながら渡ります。

あまりにビビりすぎ、食糧調達は断念します。

その後ある集落に到着。

そこでは特殊な儀式があり、赤カブをすりおろしたものを鼻の穴に入れるというもの。

とても苦しいようですが、これができていっぱしの大人と認められるようです。

宮川さんも挑戦しますが苦しそうでした。

集落を出てジャングルの中へ。

食料を探しますが、よいものが見つかりません。

隊員の1人がピラニアを釣り食糧を確保。

さらに先に進むと大蛇に出会います。

しかし、その大蛇はなにかに食いちぎられていました。

宮川さんはとても動揺してしまいます。

そして暗くなったのでテントを張ることに。

ピラニアを料理して食べると、とても美味しい。

巨大カタツムリも頂きます。

見た目、ニオイともにサザエ。

味もサザエで美味しいとのことでした。

3日目

ラストの3日目を迎えました。

いよいよ5色の川間近です。

カニョ・クリスタレスに到着。

そこを進んでいくと5色の川に到着します。

そしてとうとう到着しますが、微妙な川でした。

水不足で水中の植物が開花してなかったようです。

本来はこのような絶景。

2875956e507d8920170b1c9bbbe61129

残念ながら時期が合いませんでした。

しかしカレンダーの画像を何とかしなければなりません。

そこでとりあえず川の写真を撮って、5色に加工することにしました。

世界の果てまでイッタっきり 森山あすかさん ヘラジカを狙う

今回挑戦するのは森山あすかさん。

ae6052bc1905d1e82e2f85f6c7ad5d70

まだ20歳の若さあふれる芸人さんです。

そんな森山さんが狙うのはヘラジカ。

images

体長2m以上の巨大生物です。

このヘラジカと2ショットを撮るのが今回のミッション。

1日目

アメリカにやってきました。

レンジリーの森に向かいます。

ヘラジカは人間の7倍耳が良いと言われています。

近づくには静かに歩いて行かなければいけません。

早速ヘラジカを見つけましたが、角のないメスでした。

角を持っているのはオスで、角は音を拾うアンテナの役割もあるようです。

また、長い脚も特徴で、この長い脚で雪の中や水の中もすいすい歩いていきます。

結局1日目に出会ったのはメスのみでした。

2日目~5日目

2日目以降も足跡は見つかりますが、なかなかヘラジカを見つけられません。

それが3日続きました。

しかし、イモトさんもヘラジカの捜索には失敗しています。

6日目~8日目

6日目さらに悪いことが。

ハンターの銃声が鳴り響きます。

半径2kmのヘラジカは逃げてしまったとのことです

そこで場所を変更することに。

アラスカのアンカレッジに場所を変更しました。

ヘラジカが見れるポイントでスタンバイすることにしました。

人間の気配を探られないように、大きなゴミ箱の中で待機しますが結局ヘラジカは現れず。

9日目

この日は雨。

雨が人間のニオイを消してくれるとのことでチャンスです。

そしてとうとう現われました。

そして見事2ショットを撮ることに成功。

8月のカレンダーになりました。

あまりの大きさに森山さんは放心状態でした。

Pocket

 - 世界の果てまでイッテQ!